本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツールを製作・活用し、マーケティング活動を通じてブランド価値向上を目指していくとしている。

大迫選手は、鹿児島県南さつま市加世田の出身で、高校時代からU-16、U-17と各年代の日本代表に選出され、2009年にJリーグ鹿島アントラーズに入団。14年から海外に拠点を移し、現在はドイツ・ブンデスリーガSV ヴェルダー・ブレーメンに所属。日本代表としても活躍する世界で注目される日本人選手である。

鹿児島県南さつま市加世田が創業の地である本坊酒造は、「同郷の出身として縁のある大迫選手が、世界の舞台で活躍し、人々の共感を呼び感動させる姿は、当社の目指す“世界品質”のイメージと合致することから、アンバサダーとして起用する契約を結ぶこととなった」と説明。大迫選手は、「とても強い縁を感じている。これから本坊酒造さんと一緒に鹿児島を盛り上げて行ければと思っている」とコメントしている。

〈酒類飲料日報 2019年1月15日付より〉