アサヒビールは9月3日から「芋焼酎かのか 濃醇まろやか仕立て」(1.8L紙パック/1,450円、紙パック900ml/780円、4LPET/2,830円、220mlPET/220円)と「芋焼酎かのか 華やかすっきり仕立て」(1.8紙パック/1,450円、4LPET/2,830円)を発売する。

両商品とも鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫」を使用した甲乙混和焼酎でアルコール度数は25%。「濃醇まろやか仕立て」は白麹と黒麹で仕込んだ原酒をブレンドし、濃厚な香りとまろやかな味わいが楽しめる焼酎に仕上げた。

「華やかすっきり仕立て」は黒麹で仕込んだ複数の原酒をブレンド。華やかな芋の香りとすっきりとした味わいが楽しめる焼酎に仕上げた。発売が発表された8月20日には東京都新宿区の飲食店「安兵衛」で記者会見を開催。発売に至る経緯などを担当者が語った。
アサヒビール 村尾氏、渡部氏

アサヒビール 村尾氏、渡部氏

〈甲乙混和No.1ブランド「かのか」〉
「かのか」は焼酎甲類乙類混和の売上No.1ブランド(インテージSRI調べ、焼酎混和2018年7月~2019年6月累計販売金額)。
 
アサヒビール洋酒・焼酎マーケティング部の渡部友一郎次長は「かのか」ブランドについて「ブランド計の混和市場におけるシェアは2017年から増加しており、今年の上半期も伸長し市場の35.3%を占めるまでになった。内訳を見ると混和麦の市場では“麦かのか”がシェアを伸ばしているが、混和芋市場では“芋かのか”の微減傾向が続いている。何とか芋でもシェアを増加させるべくラインナップの刷新を計画した」と説明。
 
商品開発を担当した同部の村尾雄一担当課長は「シェアを伸ばしている“麦かのか”は1993年の発売から2017年まで派生商品を発売していなかったが、当社が行った調査や消費者への聞き取りで、より好みが細分化されていることが判明。その結果を参考に春夏限定で“麦焼酎かのか 吟麗すっきり仕立て”を発売したところ、既存の“麦焼酎かのか”“同焙煎まろやか仕立て”にプラスオンすることに成功。今回はその成功事例を芋でも再現できないかと考え2商品を投入する」と話す。
 
また、9月3日の発売当日から約1カ月間、新宿の思い出横丁の飲食店9店舗とタイアップした企画「かのか散歩」を実施。この取組の狙いとしては「業務用市場の拡大を意図したものではなく、日常的に家庭で食べているおかずと“かのか”の相性の良さを体験していただくべく行うもの」としている。
 
最後に販売計画について「“かのか”ブランド計で363万ケース、前年比103%を計画している。その中で1割ほどの数量を“芋かのか”で担っていくつもり。また、値ごろ感もブランドの魅力の1つ。増税もむしろチャンスが広がるのではと考えている。焼酎市場はダウントレンドだが、しっかりと商品ラインアップを強化し需要を掘り起こしていきたい」と話した。
 
〈酒類飲料日報2019年8月22日付〉

「芋焼酎かのか 濃醇まろやか仕立て」「芋焼酎かのか 華やかすっきり仕立て」商品概要

「芋焼酎かのか 濃醇まろやか仕立て」「芋焼酎かのか 華やかすっきり仕立て」商品概要