キリンビールの新ジャンル商品「本麒麟」の2019年販売数量が、9月時点で1,000万ケースを突破した。9月も24日までの販売数量が前年比約9割増と大きく伸ばしている。すでに年間販売目標は年初計画の1,380万ケースから約200万ケース増やし、前年比約7割増にあたる約1,580万ケースに上方修正している。

※新ジャンル=第3のビール。ビール・発泡酒以外のビールテイスト飲料。

同社では好調の要因を以下の通り分析している。

(1)新ジャンル市場の活性化=10月の消費税増税によって節約志向がさらに高まり、新ジャンル商品へのニーズも高まっている。中でも、低価格でありながら高品質な商品やサービスがお客様の支持を集め、“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が強くなっている。

(2)“うまさ”にフォーカスしたリニューアル=新ジャンルの商品でありながら、“力強いコクと飲みごたえ”のある本格的なうまさを味わえる。今年1月中旬製造品からリニューアルを行い、「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化した。

(3)認知・飲用経験率の上昇=“うまさ”にフォーカスした商品リニューアルと、「本麒麟」史上最大規模の広告・PRを店頭と連動させることで、8月時点で商品認知率が約60%、飲用経験率が約36%まで上昇した。認知率・飲用経験率の上昇に伴い、1~9月の販売数量も前年比約7割増と大きく伸びている。

〈酒類飲料日報 2019年9月27日付〉