サントリーグループは1月17日、オーストラリアで発生している森林火災被災地での救援活動、復興支援支援を目的とした義援金を拠出することを発表した。拠出金額は50万豪ドル(約3,750万円)。

サントリーホールディングスは、30万オーストラリアドル(約2,250万円)、ビームサントリー社は、10万オーストラリアドル(約750万円)を拠出することを決定し、ニュージーランドのフルコア社は、既に10万オーストラリアドル(約750万円)を拠出している。なお、フルコア社からは飲料の提供も実施している。

寄付先はオーストラリア赤十字社、ニューサウスウエールズ州森林火災消防団体、ニューサウスウエールズ州野生動物保護団体の3団体。