日本酒メーカー大手の白鶴酒造(兵庫県神戸市)は、手指消毒用エタノール不足に対応する高濃度アルコール製品を製造し、4月下旬から5月にかけ、アルコール分77%の製品「アルコール77」(5リットルポリ容器)1,000本を神戸市に供給する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で手指消毒用エタノールが不足している状況のもと、厚生労働省は不足解消に向け、「医療機関等において、やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えない」とし、製品表示や広告表示に「本製品は医薬品や医薬部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能です」と記載できることなどを、事業者などに周知している。

この状況を受け、白鶴酒造は自社で協力できることがないか検討をすすめ、製造および販売免許などについては国税庁と、消防法に基づく生産環境の安全面の確認は消防署と、それぞれ協議し、生産が可能と判断するに至ったという。白鶴酒造は、「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために微力ながら貢献できるよう努めてまいります」としている。