酒類製造などの事業を展開するオエノングループの合同酒精は、4月20日、特定発酵アルコールの供給を行うことを発表した。

厚生労働省からの「手指消毒用エタノールの優先供給スキーム」協力要請を受け、世界的に感染拡大が深刻化する新型コロナウイルス感染症の拡大により、緊急ニーズの高まりで需給がひっ迫する手指消毒用エタノールの安定供給に向けて供給を実施するもの。出荷開始日は調整中で、生産数量はひと月当たり1,000本(18L缶)。

合同酒精では「ビッグマン」「鍛高譚」「NIPPON PREMIUM」などの焼酎・チューハイ等アルコール飲料のほか、酒類メーカー向けの酒類用アルコールや、調味料・医薬品・化粧品・アルコール製剤メーカーなどに対し、工業用アルコールの製造・販売を行っている。

今回、医療機関において手指消毒用エタノールの代替品として、高濃度アルコールの使用が可能になったことから、合同酒精は、清水工場(静岡県静岡市)で製造・充填、苫小牧工場(北海道苫小牧市)で製造し、旭川工場(北海道旭川市)で充填した特定発酵アルコールをそれぞれ、厚生労働省を通じ、医療機関などに供給する。

供給する特定発酵アルコールはアルコール分95%で、供給先の医療機関などにおいて精製水等により希釈し、度数調整のうえ、消毒用エタノールとして使用される。

なお、オエノングループでは、オエノンホールディングスから先般、除菌用アルコールを当社拠点事業所の所在する自治体など北海道内5市町(札幌市、旭川市、苫小牧市、厚真町、むかわ町)に対して寄付した。

また、今後もオエノングループでは、福徳長酒類の久留米工場(福岡県久留米市)、秋田県醗酵工業の湯沢工場(秋田県湯沢市)で高濃度酒類スピリッツを数量限定で製造し、近隣の地域医療機関等に対して供給することを予定している。

合同酒精は、「このたびの新型コロナウイルス感染症において亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。また、感染により引き続き療養中の皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、各地で感染拡大防止、治療に尽力されている医療関係者をはじめとする多くの方々に衷心より敬意を表します」、「今回のアルコールの供給により、ウイルス感染拡大の抑止に少しでも貢献できますことを祈念いたしますとともに、今後もオエノングループでは、新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息へ向け、必要な支援策を検討、関係各所と協力し実施してまいります」などとしている。