サントリービールは、ノンアルコールビール「オールフリー」を米国全土で販売開始する。 商品名は「ALL-FREE」、350ml缶、小売価格US$2.49。7月16日に発表したもの。

「近年、米国では健康志向の高まりから、ノンアルコールビールを飲用する方が増えている。これまで、米国では一部エリアの小売店で限定的に販売してきたが、今回、米国全土に展開するAmazon.comでの取り扱いを開始するとともに、小売店の販売エリアについても順次拡大する。お客様の嗜好に合わせた中味と新たなパッケージで、美味しさや中味の特徴を訴求していく」(サントリービール)。

「オールフリー」は2010年8月に日本で発売し、2020年で10年目を迎える。この1~6月の累計販売数量は、ブランド計で前年比118%と好調に推移。「アルコール度数0.00%」「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」の4つの“ゼロ”を実現した機能面に加え、「麦の旨み」「すっきりとした後味」そして「軽快なのどごし」が特徴の味わいで、多くの顧客から好評を得ているという。

〈酒類飲料日報2020年7月20日付〉