アサヒビールは9月29日から、アメリカ・サゼラック社のラムブランド「カリプソ」の取り扱いを開始する。アイテムは、「カリプソ ラム シルバー」(税別1020円)、「カリプソ ラム ゴールド」(税別1230円)の2品。

「カリプソ」は2008年、アメリカ生まれのブランドで、アジア初上陸。「癖のないスムースでドライな味わい。カクテルベースとして使用するのに最適」(アサヒビール)。ボトルは、ギリシャ神話に登場する海の女神「カリプソ」をモチーフとした。

なお、世界のラム市場は2019年、前年比2%増と伸長している。ラム市場の中でも低価格帯の「カリプソ」を発売することで、カジュアルな洋風居酒屋などの飲食店や、自宅でモヒートなどのラムカクテルを気軽に楽しむシーンを提案していく。

〈酒類飲料日報2020年9月23日付〉