三和酒類は11月1日から、「本格焼酎いいちこ」のプロモーションとして、WEBコンテンツ「下町のナポレオンの辞書」第3弾を公開した。

25種類の飲み方を紹介した第1弾、おつまみとの相性を紹介した第2弾に続く第3弾では、「いいちこ」の「香り」にフォーカス。「いいちこ25度」「いいちこ20度」の香りをそれぞれ図式化したフレーバーチャートをサイト上に公開し、香りの観点からより楽しめる飲み方も紹介する。

同じく11月1日公開のWEBムービー「下町のナポレオン辞書 香り革命」篇では、「下町のナポレオンの辞書」のキャラクターである「下町のナポレオンくん」が、ソーダ割りに一工夫加えた「香りを100パーセント楽しむ飲み方」をレクチャーする。

香りの分析には、世界的なシェフソムリエで大学非常勤講師やカルチャーセンター講師としても活躍する小川貞夫氏が協力。「いいちこ25度」はフルーツや花の香りを特徴とし、「いいちこ20度」は花や果実系の香りが特徴であると判明した。前者はストレートからお湯割りまで多様な飲み方で楽しむことができ、後者は炭酸割りのハイボールやレモンフレーバーの炭酸割りなどがおすすめとしている。

三和酒類はまた、11月1日から2021年1月31日までの3カ月間、同WEBムービーにも登場するオリジナルグラスや、大分県産の特産グルメ、Amazonギフト券などが当たる「最香のいいちこ+αお届け!キャンペーン」を実施する。対象商品は「いいちこ1800ml(25度/20度)」。ハガキまたはWEBサイトから応募可能。

◆三和酒類「下町のナポレオンの辞書」

〈酒類飲料日報2020年11月9日付〉