南山物産は1月30日、熟成焼酎にフォーカスしたオンラインメディア「SHOCHU NEXT」の正式リリースを記念したオンラインセミナーを開催する。

セミナーは3部構成になっており、第1部では長田卓氏(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会理事兼研究室長)が登壇し、焼酎の熟成方法や原料による違いなどを説明する。

第2部では東京都北区の老舗酒販店「三益酒店」を切り盛りする3代目の三姉妹が和酒販売の現場で見たこと、感じたことを語る。

第3部では日本を代表するミクソロジストである南雲主宇三氏、ウイスキー文化研究所の土屋守代表、小正醸造の小正芳嗣社長と南山物産の中山大希社長の4者が「熟成焼酎こそ、世界のSHOCHUへの切り札」と題したパネルディスカッションを行う。

参加費は無料。定員は1,000人としている。

◆オンラインセミナー「熟成を知る、焼酎を楽しむ」申し込みサイト

〈酒類飲料日報2021年1月22日付〉