薩摩酒造は4月6日、「神の河(かんのこ)」を炭酸で割ったRTD(レディ・トゥ・ドリンク=ふたを開けてすぐ飲める飲料)「神の河ハイボール」(350ml、参考小売価格税込198円、アルコール分7%)を出荷した。全国のコンビニエンスストア限定で新発売する商品。

薩摩酒造は、RTD市場の好調を背景に新カテゴリー「本格焼酎ハイボール」が拡大を見せる中、「爽快感のある炭酸割りは、これからの季節、夏に向けて勢いが加速する」と予想。こだわりの原材料でじっくり熟成させた上質な長期貯蔵麦焼酎「神の河」をベースに使用した「神の河ハイボール」で、日常のちょっとした「ご褒美」や「プチ贅沢」な時間に楽しむスタイルを提案する。

「神の河ハイボール」の発売を記念して、「神の河」ブランド商品を対象に、「プチ贅沢な時間」をSNS投稿で募集する「神ハイでカンパイ!キャンペーン」も実施する。同キャンペーンでは、「『神の河』のハイボール」と「自分にとっての神時間」とをかけた「#神ハイ」をキーワードに、ハッシュタグを付けたInstagramの写真投稿を募集する。

「自分にとっての神時間」とは、日常から解放された自分だけの自由な時間、感動した瞬間、自分の一番好きな時間など、人それぞれの「プチ贅沢」な瞬間。「『神の河』ハイボール(神ハイ)」を、そんな瞬間に寄り添う「プチ贅沢なハイボール」として訴求する。

応募期間は4月12日から6月13日まで。薩摩酒造のInstagram公式アカウントをフォローの上、対象商品「神の河ハイボール」「神の河 300ml」「神の河 720ml」「神の河 Black」「神の河 Light」のうちいずれかの写真に「#神ハイ」をつけて投稿すると、「神の河プレミアムセット」(非売品「神の河プレミアムボトル」、木村硝子店オリジナルグラス2脚)などが合計100人に当たる。

〈酒類飲料日報2021年4月9日付〉