コカ・コーラシステムは4月26日から「檸檬堂 定番レモン」「檸檬堂 カミソリレモン」から500mlの“ホームランサイズ”を発売する。檸檬堂では初の500ml缶で、同社は「休日前の夜をゆったり楽しんでいただける」としている。

〈関連記事〉「檸檬堂 カミソリレモン」発売、“切れ味抜群”甘くないレモンサワー/コカ・コーラシステム

「檸檬堂」は丸ごとすりおろしたレモンとお酒をあらかじめなじませた「前割りレモン製法」により、こだわりの店のおいしさを目指したレモンサワー。日本では初、全世界のコカ・コーラ社の中でも珍しいアルコール飲料として2018年5月に九州地区限定で先行発売し、大きな話題を獲得。2019年10月から全国展開している。

今回発売する“ホームランサイズ”は「500ml缶でも飲みたい」というユーザーからのたくさんの声に応え、酒場の大ジョッキをヒントに得たレモンサワーらしい楽しく印象的なネーミングで発売される。発売時にはTVCMを始めとするキャンペーンも開始する。

また、5月10日からは沖縄でも「檸檬堂」ブランドの販売を開始する。

〈酒類飲料日報2021年4月15日付〉