酒類コーディネーター企業のSBSは9月29日に「29×網走ビール」(330ml/オープン価格、アルコール分5%)と、本格焼酎「29×つくし麦」(500ml/税込1,298円、アルコール分29%)を発売した。

SBSが手掛ける「29」ブランドは肉料理との相性に焦点を合わせたシリーズで、これまで近江酒造が製造する日本酒「29」が展開されている。

今回発売となった「29×網走ビール」は北海道の網走ビールが製造するクラフトビールで、肉料理と一緒に楽しめるように、さわやかな香りに、コクのある味わいに仕上げた。

「29×つくし麦」は超長期樽貯蔵麦焼酎をブレンドし、アルコール度数は「肉」にちなんだ29%とした。おすすめの飲み方は同商品:炭酸水を1:2で割ったハイボール。

〈酒類飲料日報2021年9月30日付〉