タケノ(福岡市博多区)は5月20日、九州初となる都市型ワイナリー「博多ワイン醸造所 竹乃屋」を、JRJP博多ビル(福岡市博多区博多)にオープンする。

博多の焼鳥をセレクトワインと楽しめるワイナリー併設の居酒屋で、6月から店内醸造所でワイン醸造を開始予定。9月には店内醸造した樽出し生ワインの提供も開始する。

醸造タンクの入港が遅れたため、計画から3カ月遅れの開業となった。「畑を持たず1年中醸造をするため、日本のぶどう収穫期には日本のぶどうを使い、収穫期以外には季節が逆の国、オーストラリアやニュージーランドのぶどうを使って醸造」(同社)。

〈酒類飲料日報2022年5月11日付〉