サントリービールとサントリースピリッツは2022年10月1日出荷分からから、一部を除くビール類、RTD(チューハイ・サワー類)、ノンアルコール飲料の生産者価格の値上げを行う。

【関連記事】「サントリー天然水」「伊右衛門」など値上げ、小型・大型PET・ボトル缶で20円、10月1日出荷分から/サントリー食品インターナショナル

5月26日に発表した。希望小売価格が設定されている商品は、希望小売価格も同様に値上げする。

主な対象品目はビール類(缶・瓶・樽)で「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」など。RTD(缶)で「こだわり酒場のレモンサワー」「ハイボール缶」など。その他酒類(樽)で「角ハイボール樽詰」「スーパーチューハイプレーン樽詰」。ノンアルコール飲料(缶・瓶・樽)で「オールフリー」「のんある晩酌 レモンサワー ノンアルコール」など。

「パーフェクトサントリービール(缶)」「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈無濾過〉(缶)」とビールギフトセットでは価格改定を行わない。
サントリービール・サントリースピリッツ 主な価格改定実施品目(2022年10月1日出荷分から)

サントリービール・サントリースピリッツ 主な価格改定実施品目(2022年10月1日出荷分から)

 
両社によると、高品質な商品を安定的に提供するため、これまで生産性の向上、物流合理化、諸費用の削減など、さまざまな企業努力と経営の合理化に努めてきたが、穀物原料などの原材料、包装資材、エネルギー、物流費などの価格上昇が世界的なレベルで進行しており、これらによるコストアップの影響を企業努力だけで吸収することが極めて厳しい状況になっている。そのため、今後も顧客に高品質な商品を安定的に提供していくため、やむを得ず価格改定を実施する。
 
両社は「引き続き、企業努力による合理化を進め、一層のコスト削減を図るとともに、今後もお客様へ高品質な商品を通じて新しい価値を提供していきます」などとしている。