菊正宗酒造は10月3日出荷分から、清酒商品及びその他商品について価格改定を実施する。

【関連記事】日本酒「獺祭」値上げ、「純米大吟醸 磨き二割三分」など/旭酒造2022年7月1日価格改定

6月15日に発表したもの。対象は同社が製造する日本酒・焼酎・リキュール約140品目、出荷価格ベースで約4~12%の値上げ。

「日本酒の化粧水」シリーズについては先行して9月1日出荷分から値上げする。「日本酒の化粧水透明保湿500ml」で現行の希望小売価格税別840円を新価格税込900円に改めるなど。

菊正宗酒造は値上げの背景について「高品質で安心・安全な商品を適正な価格でお客様へお届けするため、品質の改善・生産性の向上などの企業努力と合理化を続けてきた。しかし、昨今の国際情勢の混乱・原油価格の高騰などにより、原材料・資材・物流費・エネルギー価格などの上昇が続いており、企業努力だけでは各種コストの上昇分を吸収することが困難な状況となっている」などと説明している。

〈酒類飲料日報2022年6月16日付〉