貿易統計によると、2019年4月の豚肉調製品の輸入量は前年同月比13.5%増の2万2,891tとなった。このうち、シーズンドポークなどに使われる豚肩肉調製品は11.6%増の1万8,054tだった。前月に続き米国が3割前後減少する一方で、カナダやEU各国は、新協定国の関税が4月に13.8%に削減されたことを背景に大きく増加した。

ただ、3月に未通関で貯めていた分を4月に通関を切ったことで増加した関係で2カ月平均では1.2万t と、2018年の月間平均とほぼ同じ水準となっている。

豚肩肉調製品を国別にみると、米国が26.4%減の8,426t、カナダは55.1%増の2,254t、メキシコが126.2%増の1,337tと、関税によって明暗が分かれた。EUでは、ドイツが2,492t(前年同月724t)、オランダは1,214t(816t)、アイルランド1,734t(439t)、スペインが262t(162t)、ベルギー68t(47t)、EU合計で5,770t(2,188t)と、全体で152.1%増となった。

米国などWTO協定国は20%関税だが、TPP11と日EU・EPA協定国は13.8%まで関税が下がっており、一定量の需要がある中で、新協定国へのシフトが鮮明になった形だ。

価格(CIF価格)は、米国が1kg 当たり279.4円(前月297.5円)、カナダ274.3円(267.8円)、ドイツ289.2円(253.5円)、オランダ262.0円(256.6円)、全平均287.6円(302.4円)となった。全平均での関税差を試算すると20%関税と13.8%関税では17.84円の差となる。

〈畜産日報 2019年6月14日付〉