プリマハムは12月24日、ティーエムジー(株)(TMG、名古屋市南区、資本金1億円)の発行済み株式のすべてを投資ビークルなどから取得、子会社化したと発表した。

〈関連記事〉食肉ネット通販の先駆者「ミートガイ本店」、実店舗持たずオンライン販売/ティーエムジーインターナショナル

TMGの完全子会社ティーエムジーインターナショナル(株)(TMGI、名古屋市南区、資本金300万円)は、食肉通販サイト「ミートガイ」を運営するほか、食肉の加工・販売を手掛けている。

自社ECサイトのほか主要ECプラットフォームで販売チャネルを有し、主に一般消費者向けの食肉専門EC事業を展開し、食肉EC市場で高い知名度と強い顧客基盤、幅広い販売チャネルを有している。プリマハムは、経営方針の施策のひとつに「精肉・食肉加工品におけるD2C(消費者への直接販売)事業への本格参入」を掲げている。

TMGIをグループ化することで新しい生活様式にいち早く対応し、成長性の高い食肉EC市場へ本格進出することで自社の成長戦略を推進していく。今後も、TMGIの強みである自社ECサイトや多数のECプラットフォームを通じた食肉加工製品の製造・販売を継続し、TMGIのノウハウを生かして、プリマハムのD2C事業の一層の拡大を図っていくとしている。

〈畜産日報2021年12月27日付〉