ダノン主催の12歳以下の子供たちの国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ2019」(FIFA公認)の日本代表決定戦がこのほど都内で開催され、大会アンバサダーの元サッカー日本代表・前園真聖氏が決勝戦解説やトークショーに参加、会場で子供たちにダノンヨーグルトをサンプリングしエールを送った。

日本代表決定戦までの各地で開催の地区予選大会にも前園氏は参加しており、さらに力をつけて決勝戦に臨んだ子供たちに声援を送り、見事優勝を果たしたチーム、女子は「千葉中央FCU12ガールズ」、男子は「ヴァンフォーレ甲府U‐12」に、今年10月スペインで開催の世界大会(27カ国参加)に向けて、「世界を実際に肌で感じて思い切りプレーしてきてほしい」と、力強くエールを送った。

また、ダノンジャパンが決定戦2日間中に約3000個配布するヨーグルトのサンプリングにも参加し、「ダノンヨーグルト」の「プレーン・加糖」「いちご」を、子供たちに手渡し激励。さらに栄養と水分補給がテーマのトークショーにも登壇し、管理栄養士とともに朝食の大切さを子供たちに呼びかけ、朝食にも食べやすいヨーグルトを紹介した。