〈新元号発表後、SNSで「令和元年はR1の年」の声〉
明治は「明治プロビオヨーグルトR-1」を、令和元年を祝う商品に位置づけ、平成から令和へ変わるタイミングで“元号またぎCM”を放映する。

新元号発表後、SNSを中心に、令和の頭文字「R」と、元年を意味する数字の「1」に引っ掛け、「令和元年はR1の年」との声が上がり、話題になっていることがきっかけ。急きょCM製作を決定し、平成最後のCM枠と令和最初のCM枠を活用して放映することになった。

CMは約2年にわたり夫婦役で共演している、元レスリング選手の吉田沙保里さんと、俳優の大森南朋さんがナビゲーターとなり、平成から令和に変わる瞬間を「R-1」とともに祝う内容で、4月30日夜に「もうすぐR-1」篇、5月1日0時以降に「いまからR-1」篇の前後篇2部作を用意し、全国放映して大きく話題化していく。

吉田さん、大森さんは新しい時代に向けてドレスアップした姿で登場。「もうすぐ」篇では、二人が顔を見合わせてくす玉の紐を握り、期待感が高まるシーン、また「いまから」篇ではくす玉の中から「祝・令和元年」の垂れ幕が現れ、大勢の人がなだれ込んできて新時代の幕開けを祝いあうシーンが見どころ。老若男女103人のエキストラも登場し、「R-1」で乾杯するなど、新しい時代の始まりにふさわしい賑やかでハッピーなCMとなっている。

明治はSNSを起点とした「令和元年=R-1」の盛り上がりに対し、ドリンクタイプで令和限定パッケージ「お祝いボトル」を製作。ゴールド地に「祝・令和元年」とデザインした特別バージョンを5月1日から数量限定で販売し、スーパー店頭などでお祝いムードを盛り上げていく。また同日から「令和お祝いボトル投稿キャンペーン」も開始し、お祝いボトルと一緒に祝っている写真のツイッター、インスタグラム投稿を通じて、「令和元年=R-1の年」のムーブメントを起こしていく。
「明治プロビオヨーグルトR-1」