赤城乳業は、税別140円の氷菓「ガリガリ君リッチ」シリーズから、昨年人気だった「チョコミント」を復活させ5月14日から全国発売、新作のテレビCMを同日から放映して、話題化を図る。

「ガリガリ君リッチチョコミント」は、ミント味のアイスキャンディーの中にチョコチップ入りのミントかき氷が入っており、ペパーミントエキスを使用したミントの清涼感と、かき氷の中に混合されたチョコチップとの風味・食感の組み合わせが特徴。こだわりはメントールを主成分とするペパーミントのみを厳選して使った清涼感、香料だけでなくミントエキスも使用したミント由来の香りで、「チョコミント好きを満足させる風味を演出した」(赤城乳業)。

昨年は発売後、高い店頭回転率を記録し話題になった。今年は夏(9月)までの販売を予定し、「昨年以上の販売実績を目指す」(赤城乳業)。パッケージは昨年商品よりも「チョコミント」のフレーバー名を大きくし、チョコミントユーザーへさらにアピールを強めた。種類別はラクトアイス、100ml。

新作CM「ガリガリ君リッチチョコミント編」は「ガリガリ君」の氷のイメージとミントの清涼感を、南極のペンギンがかわいく伝える内容。ブランド全体ではなく1フレーバーにスポットを当てたプロモーション・CMバックアップ策を投じていることからも、赤城乳業が今回の「リッチチョコミント」に懸ける期待の高さが見て取れる。CM動画は、赤城乳業WEBサイト内のCMギャラリーでも視聴できる。

なおチョコミント市場は昨年、各社から菓子やデザートなど様々な商品が発売され東日本を中心に大きく拡大。チョコミントアイスの18年市場は、金額で前年比52%増、購入率で42%増。その中でも、赤城乳業の「チョコミント」「ガリガリ君リッチチョコミント」の貢献度は高かった。

〈関連記事〉“ガリガリ君リッチチョコミント” カップアイスのチョコミント好調を背景に開発/赤城乳業=https://www.ssnp.co.jp/news/snack/2018/05/2018-0514-1622-14.html