赤城乳業は、同社伝統で強みのフレーバーを起用した「ガリガリ君リッチチョコミント」を5月15日から全国投入し、新作CMも投下、インパクトある味わいを大々的に発信する。

ミント味のアイスキャンディーの中に、チョコチップ入りのミントかき氷を入れた「ガリガリ君」。ミントアイスの販売指数が高くなる5月に、自慢のフレーバーを「ガリガリ君」に採用し、満を持して発売、店頭回転率を一気に上げていく戦略。

同社調査ではチョコミントアイスは、17年と14年で比較するとアイテム数が53%増、購入金額が63%増と数年前よりも多くの商品が発売され、販売金額も伸びている。また同社チョコミントカップアイスは、他カップ商品と比較して、店頭回転では春~初夏と秋の季節に販売指数が高くなる傾向があり、これらが開発背景となった。

ペパーミントエキス使用のミントの清涼感が苦手な人も一部いるが、市場動向からは多くの人に受け入れられると見て、同社も看板商品の「ガリガリ君」で挑戦し、話題化とともに店頭活性化を狙う。ラクトアイス、100ml、税別130円。

〈食品産業新聞 2018年5月14日付より〉

【関連記事】
・コンビニアイスに広がる“お一人様需要” 求められるのは「価格に見合う満足感」
・“ご当地果汁”の「ガリガリ君」 北海道・東北・中四国・九州で同時発売/赤城乳業
・“大人なガリガリ君”にゴールドキウイ味 生の果実が少ない時期を狙って展開/赤城乳業
・“売れすぎ”で休止中のアイスクリーム「ブリュレ」、販売再開/オハヨー乳業
・「明治 GOLD LINE」から、「CACAO 65%チョコレート」などカカオ分訴求の本格チョコアイス
・「コカ・コーラ」史上初のフローズン飲料 “シャリシャリ食感”実現に構想から8年