ロッテは5月24日、「モナ王 八天堂監修カスタード味」を全国発売する。

5月17日発売の「雪見だいふく 八天堂監修カスタードくりーむ味」に続く、クリームパン専門店「八天堂」とのコラボ商品。

〈商品詳細〉ロッテ「雪見だいふく 八天堂監修カスタードくりーむ味」
ロッテ「雪見だいふく 八天堂監修カスタードくりーむ味」

ロッテ「雪見だいふく 八天堂監修カスタードくりーむ味」

 
「モナ王 八天堂監修カスタード味」は、クリームパン専門店「八天堂」が監修したカスタードアイスと、しっとりしたモナカとの一体感を楽しめる商品。八天堂のくりーむパンをイメージしたカスタードアイスは、甘過ぎずやさしいあっさりとした味わいだという。希望小売価格151円(税込)。
 
なお、八天堂は昭和8年、広島県三原市に和菓子屋として開店。創業者の森光香氏の地元にある「八天堂」というお堂が店名の由来。和と洋の技術を融合させて生まれた「くりーむパン」を販売し、現在では日本全国に加え、シンガポールや香港、カナダでも店舗を展開している。
 
八天堂によると、“究極のクリームパン”を目指して試作を重ねた結果、行き着いたのは“究極のやさしさ”だったという。同社では看板商品“くりーむパン”について、「もった瞬間、くずれちゃうんじゃないかと思うぐらいに、やわらかく。頬張った瞬間、とろけるんじゃないかと思うぐらい、しっとりふわふわに。そして。あまいけど、あますぎない、絶妙なやさしさのクリーム。ひとくち食べれば、大人も子どもも、“ふふっ”とほほえみ、自然とやさしいきもちになれる」などとしている。

八天堂「くりーむパン」

八天堂「くりーむパン」

 
昨今はコラボ商品も続々と発売されており、ロッテでは2021年、「モナ王 八天堂監修カスタード味」「雪見だいふく 八天堂監修カスタードくりーむ味」以外にも、4月13日発売の「八天堂監修チョコパイ〈カスタードくりーむ&チョコレート味〉」「八天堂監修カスタードケーキ〈カスタードくりーむ&生クリーム味〉」「八天堂監修カスタードケーキ〈カスタードくりーむ&あまおう苺味〉」を展開。
 
また、他社の八天堂監修商品では、ミニストップの「いちごサンド」(2月23日発売)、ローソンの「かすたーどアイスサンド」「かすたーどフルーツミックスサンド」(2月2日発売)や「かすたーどチョコロール」(2月23日発売)などが登場している。
 
〈2月発売〉ローソン×八天堂「かすたーど苺サンド」「かすたーどフルーツミックスサンド」