讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、10月9日・10日・11日限定で、うどん・天ぷら・丼・いなりのうち持ち帰り可能なメニュー全品について、テイクアウトで税込1000円以上を購入した場合、20%オフでの割引価格で提供する(一部店舗除く)。

丸亀製麺では2020年5月から順次、うどん・いなり・丼などのテイクアウトを開始。「えび天」「かしわ天」などの天ぷら類は元より、「きつねうどん」や「ぶっかけうどん」も自宅で楽しめるようになった。今回のキャンペーン期間に販売している季節限定メニュー「タル鶏天ぶっかけ」もテイクアウト可能だ。

なお、丸亀製麺はテイクアウトの天ぷらを楽しむ方法のひとつとして、自宅で「天丼」にすることを提案している。税込30円で専用カップを購入し、好みの天ぷらと特製の天つゆ・天ダレ・だし醤油などを併せて持ち帰ることで、好きな具材を集めて作った自分だけの天丼を楽しむことができる。
テイクアウト「天ぷら」活用イメージ

テイクアウト「天ぷら」活用イメージ

 
昨今のコロナ禍により、丸亀製麺も含め多くの飲食店では、客数減少に悩まされる状況が続く一方、テイクアウト需要は伸長している。丸亀製麺が7月に発売した、うどん・天ぷら・いなり3~4人前の「打ち立てセット」は、発売から約1か月で50万セットを突破するなど大きな成果を得て、当初予定の販売期間8月末を9月末まで延長していた。今回のテイクアウト限定20%オフキャンペーンでも、大きな反響が期待できるのではないだろうか。