JR海浜幕張駅直結の商業施設「ペリエ」内、「そばいちペリエ海浜幕張店」に3月10日から「駅そばロボット」が登場した。

JR東日本スタートアップと「調理ロボットサービス」を開発するコネクテッドロボティクスがJR東日本フーズと協力し、同店に導入したもの。

今回導入した「駅そばロボット」は、2本のロボットアームにより、“茹で・洗い・締め”という一連の調理工程を担う。1時間に150食を調理でき、従業員約1人分以上の作業量に相当する。盛り付けやトッピングは従業員が行う。
「駅そばロボット」によって調理されたそば

「駅そばロボット」によって調理されたそば

 
2020年3月に実証実験として「そばいちnonowa東小金井店」へ導入したモデルから、アームを2本に増やし、券売機と連動させるなどの改良を加え、生産能力を向上させている。外食産業の人手不足を背景に開発された調理ロボットだが、食券の受け渡しがなくなることによる非接触や厨房の密回避も期待できるという。
 
3月10日の発表会でJR東日本フーズの日野正夫社長は、「ロボット調理によって、均一な茹であがりを実現できるため、安定したおいしいそばの提供にもつながる」と期待を語った。
 
今後、JR東日本フーズが運営する「そばいち」をはじめとした駅そば店舗へ拡大し、2026年までに30店での導入を目指す。