吉原食糧㈱(香川県坂出市、吉原良一社長)は協和化学工業㈱(香川県坂出市、宮田茂男社長)とコラボレートし、「マッスル麺」(商標登録申請中)専用ミックス粉を開発。12月下旬から業務用として販売を開始した。同商品はマグネシウム(Mg)とカルシウム(Ca)を1:2のバランスで配合しており、発汗によって失われるMgを補い、筋肉のけいれんやこむら返りを防止・改善し、筋肉の動きを円滑にする効果が期待される。茹でめんにした場合100g中にMg96mg以上、Ca204㎎以上を含有することになり、1食(200g)だけで日本人の一日の推奨摂取量を満たすことができる。中華めん風に製めんした場合、弾力の強い食感が生まれる。かん水を使用しないため「中華めん」「ラーメン」という表示はできないが、酸化マグネシウムと炭酸カルシウムは強アルカリ性でかん水に似た働きをするため、黄色く、弾力があるめんとなる。香川県三木町のラーメン店「笑店」では12月下旬から「マッスル麺」としてメニュー化、発売している。業務用20㎏入り、オープン価格。