全乾麺(髙尾政秀会長)は7月7日の「七夕そうめんの日」に合わせ、そうめんのサンプリングを実施した。

初日の6日は、500セット(1セット2袋入り)を茅場町の製粉会館前で配布した。安藤剛久専務理事の「そうめんを食べて夏を乗り越えて欲しい」のかけ声とともに、12時にスタート。開始前から長蛇の列が出来ており、約15分で終了した。

2日目の7日は1,500袋を銀座で配布。7月7日は「乾しいたけの日」でもあり、乾しいたけのサンプリングも同会場で行われ賑わいを見せた。また、乾しいたけの主産地である熊本から「くまもん」も駆けつけた。6日・7日とも東京は晴天で、絶好のそうめん日和となった。

詳細は本紙をご覧下さい。