日本製粉(株)(近藤雅之社長)は、日本生まれのプレミアム・パスタブランド「REGALO(レガーロ)」のコンセプトカフェ「REGALO MomentCafe(レガーロ モーメント カフェ)」を26日にオープン、12月25日までの期間限定で展開している。29日にはメディア試食内覧会を開催した。「REGALO Moment Cafe」は、東急プラザ銀座6階のカフェラウンジ「数寄屋橋茶房」とコラボレーション展開して同カフェ内に開いたもので、「数寄屋橋茶房」(「六雁」総料理長の秋山能久氏監修)による特別メニューが提供されている。

内覧会の冒頭挨拶した日本製粉(株)食品営業部門の宮田精久理事加工食品部長は「今春、国産パスタのプレミアム・ブランドとして『REGALO』を立ち上げた。レガーロとはイタリア語で贈りものを意味する言葉で、上質感、ひと口で違いに気づく『あなたを満たす最高の贈りもの』のコンセプトを追求したブランドとして育成している。発売以来好評で、店頭配荷も拡大してきている。日常使いの他の既存ブランドとは異なり、ハレの日・記念日等特別な日の食卓を演出するブランドとして展開を図っている。今回のコンセプトカフェ『REGALO Moment Cafe』は『数寄屋橋茶房』の協力をもらい、『REGALO』を多くの方に実際に体感してもらいたいとの思いを込めたもので、12月25日までの1か月間展開していく」などと語った。

<米麦日報2017年11月30日付より>