〈初代政策統括官の柄澤氏も勇退、後任に天羽総括審議官〉
齋藤健農相は7月24日の閣議後会見で、農林水産省の幹部人事を発表した。奥原正明事務次官が退職。後任には経産省に出向し産業技術環境局長を務めていた末松広行氏が就く。初代政策統括官を務めた柄澤彰氏も勇退。後任は天羽隆大臣官房総括審議官。
天羽隆氏=7月27日付で政策統括官に就任

天羽隆氏=7月27日付で政策統括官に就任

齋藤農相は経産省との人事交流について、「今後は局長級ではなく審議官級の交流に切り替える」とし、併せて「両省の審議官や課長などからなる輸出促進チームの立ち上げを検討している」とした。

〈7月27日付〉
△農林水産事務次官(大臣官房付)末松広行[1983年・東大法]
△林野庁長官(林野庁次長)牧元幸司[1985年・東大法]
△食料産業局長(大臣官房輸出促進審議官兼食料産業局付)新井ゆたか[1987年・東大法]
△農村振興局長(農村振興局次長)室本隆司[1982年・京大農工]
△政策統括官(大臣官房総括審議官)天羽隆[1986年・東大法]
△退職(農林水産事務次官)奥原正明[1979年・東大法]
△退職(林野庁長官)沖修司[1979年・名大林]
△退職(農村振興局長)荒川隆[1982年・早大経]
△退職(政策統括官)柄澤彰[1983年・東大法]

〈7月25日付〉
△経済産業省製造産業局長(食料産業局長)井上宏司[1984年東大法]
△大臣官房付(経済産業省産業技術環境局長)末松広行[1983年東大法]

〈米麦日報 2018年7月25日付より〉