ソントンは9月3日、50年以上続くロングセラー商品「ファミリーカップ」の人気商品「カスタードクリーム」をリニューアル発売する。また同日、塗ってから焼くトースト用クリーム「シュガートースト」に、新味として「シナモン風味」を投入する。

「ファミリーカップ カスタードクリーム」のリニューアルでは、卵のうまみをアップさせ、コクを強く感じられるように刷新。一方で、口どけはなめらかにし、後味がすっきりとした飽きのこないクリームに仕上げた。食パンに塗れば、市販のクリームパンのような味わいが楽しめ、スイートポテトやプリンなどのお菓子作りの素材にも使用できる。リニューアルに合わせて、パッケージデザインも刷新する。卵のうまみがアップした味わいに合わせ、パッケージも「卵」を連想させる鮮やか黄色を中心に使用。内容量135g、希望小売価格は税抜き160円。

「シュガートースト シナモン風味」は、トーストすることでシナモンの甘い香りがふわりと広がる。パッケージもピンクを基調とした温かみのあるデザインに仕上げ、ターゲットである女性に向け訴求する。内容量は110g、希望小売価格は税抜き220円。

〈食品産業新聞 2018年8月23日付より〉