〈「半端じゃない!」安藤宏基CEO、「こんなに早く!」安藤徳隆社長〉
日清食品ホールディングス(株)(安藤宏基CEO)は9日、所属選手のプロテニスプレーヤー・大坂なおみ選手が出場した、全米オープンテニス2018決勝の社内ビューイングを開催。早朝5時からの開催にも関わらず、同社グループ社員のテニス好きを中心に約150名が参加。「希望者が多くて入りきれなかった」(同社・広報部)。

安藤宏基CEOは最前列で「世界沸騰」と書かれた大きなヤカンを打ち鳴らして応援。日清食品(株)の安藤徳隆社長は現地(ニューヨーク)に駆けつけてエールを贈った。また、メディアの注目度も高く、社内ビューイング会場には19社・27媒体・41名が取材に訪れた。

試合後、安藤宏基CEOは、「世界初のインスタントラーメン『チキンラーメン発売60周年』の記念すべき年に日本初の快挙。よくやってくれた。あの環境で緊張感もある中、実力を出せたことは素晴らしい。半端じゃない! 少しでも日本の皆様に勇気や元気を与えることが出来たのではと嬉しく思う」とコメント。

安藤徳隆社長は、「憧れのセリーナ選手を圧倒しての全米制覇を目の当たりにして、これからナオミちゃん(大坂なおみ選手)の黄金時代が始まると感じた。東京オリンピックでの金メダルも期待できると思うので、圭くん(錦織圭選手)とダブルで金メダルを獲れるよう、日清食品らしくユニークにしっかりとサポートしていく。ただ、想像していたより早くグランドスラムを制覇して驚いた。日清食品のスローガンは『世界に、食ってかかれ。』なのだが、こんなに早く、本当に世界を食っちゃうとは思わなかった」とした。
ヤカンを打ち鳴らして大坂選手の優勝を祝福する安藤宏基CEO

ヤカンを打ち鳴らして大坂選手の優勝を祝福する安藤宏基CEO

〈コラム・交叉点〉優勝記念商品は
〇・・・「記念商品は?」、「もちろん。ただ、大坂選手の希望もあるだろうから」。大坂なおみ選手が全米オープンテニス2018で優勝した後の、記者の質問に、日清食品ホールディングス(株)の安藤宏基CEOはこう答えた。

〇・・・記念商品が出ることは間違いないだろう。4年前、錦織圭選手が全米オープンで準優勝した時には、「カップヌードル 錦織圭 記念パッケージ」を発売。あっという間に店頭からなくなったことを思い出す。さて、今回の仕掛けにも注目だ。

〈米麦日報 2018年9月11日付より〉