サトウ食品工業(株)(佐藤元社長)は16日、新潟県産米を使用したパックごはん(包装米飯商品)の希望小売価格を改定すると発表した。11月21日出荷分から1パックあたり4~25円値上げする。同社は昨年11月、新潟県産米商品以外のパックごはんを値上げしたが、「人件費、物流費等の大幅な上昇が続き、自社の努力のみではコストを吸収することが困難となった」ための値上げと説明している。

また、平成30年北海道胆振東部地震で同社北海道工場(岩見沢市)が一時的に操業停止となった影響から、一部商品を販売休止するとも発表した。11月20日から販売休止となる対象商品は▽青森つがるロマン▽福島会津コシヒカリ▽千葉コシヒカリ▽滋賀近江米▽佐賀さがびより▽コシヒカリ(産地指定無し)▽銀シャリ3食パック。

〈米麦日報 2018年10月18日付より〉