(公社)日本農業法人協会は10~11日、東京・日比谷の日比谷公園で「第9回ファーマーズ&キッズフェスタ2018」を開催。開催時は晴天となり、農業者と来場した家族連れが交流した。特別後援はNPO法人日本プロ農業総合支援機構(J-PAO、髙木勇樹理事長)。

同フェスタは「子供と農業をつなぐ架け橋」として、都会の子供達に全国の農業を発信するイベント。本紙関連でも、全農、全米販、(株)日清製粉グループ本社、日本製粉(株)、(株)ミツハシ、千田みずほ(株)等が協賛・出展して会場を盛り上げた。

米では全米販、ミツハシ、千田みずほが3ブース共同で「ごはんたべ隊」グループとして出展。ミツハシはおにぎり食べ比べセットの販売を実施。千田みずほでは「苗なげゲーム」や「せんだ君」、「みずほちゃん」の記念撮影コーナーを設けた。

〈米麦日報 2018年11月13日付より〉