農研機構(農業・食品産業技術研究総合機構)農業環境変動研究センター、東京大学、日本原子力研究開発機構は3月5日、福島原発事故で飛散した放射性微粒子が、「海水によって10年程度で完全に溶解する可能性がある」と発表した。

それによると農研機構ら3者は、まず福島原発事故で原子炉から飛散した放射性微粒子が、純水・海水中で溶解することを明らかにし、その溶解速度(つまり放射能の減少速度)を見積もることに成功。このうち海水中での溶解速度は純水中に比べ1ケタ大きく、「半径1μm程度の放射性微粒子は10年程度で完全に溶解する可能性が示された」。また「この溶解による環境などへの影響はないと考えられる」としている。

〈米麦日報 2019年3月6日付〉