サンヨー食品(株)(井田純一郎社長)は8月26日、都内で「サッポロ一番 みそ派塩派大論争 新CM披露・PR発表会」を開いた。「あなたはどっちラブ?」をキーワードに、「サッポロ一番みそラーメン」派、「サッポロ一番塩ラーメン」派が意見を戦わせ、「みそ派塩派論争に終止符を打つ」企画だ。ツイッターで、ハッシュタグ「#アイラブみそ」か「#アイラブ塩」で投稿することで、どちら派かの意見が示せる。10月31日まで展開。途中経過や最終結果発表については、ツイッターや特設サイトなどで案内していく方針だ。

発表会の席上、サンヨー食品マーケティング本部広報宣伝部の水谷彰宏氏は、「みそラーメンは発売51年、塩らーめんは48年の超ロングセラー商品。日本で一番売れている即席袋麺がみそラーメンで、二番目が塩ラーメンだ。多くの方に愛される2つの商品では、日常的に『味噌派? 塩派?』という議論がある。その議論に終止符を打つべく、広くお客様の声を聞き、熱い思いを届けていただき、論争を楽しく美味しく盛り上げていきたい」とした。

テレビCMは3バージョンを作成。「サッポロ一番」イメージキャラクターを務める竹内結子さん、劇団ひとりさん、寺田心君がそれぞれ、オフィス篇(竹内結子さん)、タクシー編(劇団ひとりさん)、学校編(寺田心君)で、みそ派塩派大論争に巻き込まれていく人物を演じる。

発表会にはゲストとして竹内さんが登場。また、キャンペーンのアンバサダーとして、味噌派のお笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平さん、松尾駿さん)と、塩派のタレント・中川翔子さんも登場した。それぞれに、味噌派、塩派を竹内さんにアピールしたが、竹内さんは味噌派、塩派を決められず、「どちらも美味しい。まだジャッジできない。皆さんの意見を聞きたい。どうにも決められないので助けてください」と心境を吐露した。
キャンペーンのアンバサダーにチョコレートプラネットと中川翔子さん

キャンペーンのアンバサダーにチョコレートプラネットと中川翔子さん

発表会後に囲み取材に応じた篠原幸治取締役マーケティング本部長は、「メーカーとして本音を言えば、『どちらも好き』と言っていただきたい(笑)。味噌派、塩派の方がいるのは事実で、味噌派の方は塩の味を知らなかったり、塩派の人は味噌の味を知らなかったりする。販売動向でも、『味噌だけ・塩だけ』の方は年間約9食食べているが、『味噌も塩も』という方はこれが約23食になる。キャンペーンを通して、『味噌派だけど、Aさんが紹介していた塩が美味しそう』とか、『塩派だけど、Bさんの味噌が美味しそう』といった流れにつなげていきたい。SNSも活用し、動画投稿もすることで、若年層の取り込みにもつなげたい」と狙いを語った。

味噌派・塩派を決められず「助けてください」と竹内結子さん

味噌派・塩派を決められず「助けてください」と竹内結子さん

〈米麦日報 2019年8月27日付〉