最大手米穀卸である(株)神明ホールディングス(兵庫県神戸市、藤尾益雄社長)は10月25日、通信・不動産事業を展開する日本テレメックス(大阪府大阪市、辻尾吉厚社長)との間で、業務提携契約を締結したと発表した。詳細は両社間で別途協議の上、取り決める。また今後の資本業務提携の可能性についても両社で検討・協議する運び。

業務提携の内容
▷日本テレメックスが有するECサイト構築ノウハウの活用による神明グループ商材の拡販。
▷両社グループが展開するBtoCビジネスの発展に向けた課題共有や情報交換。
▷食とスポーツによるウェルネスの創造。
▷新規店舗出店や設備投資コスト削減の推進。
▷オーガニック市場におけるシェア獲得に向けた連携。
▷日本テレメックスの海外現地ネットワークを利用した日本米商品のPRや提案機会の創出。

〈米麦日報 2019年10月28日付〉