(株)サタケ(佐竹利子代表)は11月7日、中国の江蘇省農業科学院と四川省農業科学院との間で、それぞれ包括技術提携契約を締結したと発表した(ともに10月21日付)。同社が中国の農業・食糧行政機関と包括技術提携契約を締結するのは、今回が4例目、5例目にあたる。中国国内では黒竜江省、吉林省、遼寧省の東北3省で生産される米がブランド米として需要が高い。

今回の締結は、江蘇省と四川省で生産される米のブランド競争力強化が目的。今後、水稲品質に関する共同研究プロジェクトや新技術に関する人員交流・情報交換などで協力をはかる。

〈米麦日報 2019年11月8日付〉