明星食品株式会社は11月27日、三浦善功社長が沖縄県庁を訪ね、首里城火災(10月31日未明発生)被害に対し、義援金1,000万円を寄付した。同社は1988年から31年間「沖縄そば」を販売しており、「沖縄県民の皆様には大変お世話になってきたことから、一日も早い首里城の復旧を願い、義援金を寄付することとした」とする。

〈米麦日報 2019年11月29日付〉