はたけなか製麺(株)(宮城県白石市、佐藤秀則社長)は10〜12月、「あんかけ焼き温麺フォトコンテスト」を開催中だ。白石温麺を使った「あんかけ焼き温麺」の写真を必須タグ「♯あんかけ焼き温麺」を付けてInstagramに投稿することで応募できる。

毎月末に優秀作品を選定。選ばれると、「白石手延べ温麺と蕎麦三種の詰め合わせ」(1名)、「はたけなか人気商品詰め合わせ四種」(5名)が当たる。また、参加賞で同社オンライショップの10%オフクーポンも。

今回はフードコーディネーターの梶山葉月さんがレシピ「あんかけ焼き温麺」を考案。YouTubeで作り方を紹介している。梶山さんは温麺の特徴を〈1〉素麺と違って油を使用していない、〈2〉素麺より太く伸びにくい、〈3〉9cmという短さで小さい鍋で茹でられる――と紹介。

動画でははたけなか製麺の「白石一温麺」(90g×4束)を使用した。同商品は小麦粉「金斗雲」使用。「温麺のなかでも太くてもっちりした食感が特徴」(梶山さん)。「あんかけ焼き温麺」は茹でて水でしめた温麺をフライパンで両面カリッと焼き上げ、あんかけと合わせた一品。「ぱりっと焼いても9cmの短さだと食べやすい」。
はたけなか製麺「白石一温麺」

はたけなか製麺「白石一温麺」

 
◆レシピ(はたけなか製麺ホームページ)
 
◆レシピ動画(YouTube)
 
◆フォトコンテスト(Instagram)
 
〈米麦日報2021年10月11日付〉