共同通信PRワイヤー(三土正司社長)は3月24日、「ウクライナならびに周辺地域で被災された方々や避難された方々への人道的支援に関連する国内プレスリリース配信を無料で提供する」と発表した。

共同通信PRワイヤーでは2011年の東日本大震災をきっかけに、社会貢献活動の一環として国内外各地の災害発生時において、被災地の救援や復興支援に関連する国内プレスリリース配信を無料で提供してきた。今回はその社会貢献活動の対象を拡大し実施する。国内メディア、海外メディア駐日特派員へ配信できる。

今回の無償対象のリリース内容例は、ウクライナならびに周辺の被災地域に対する「義援金募集や物資の無償提供」「避難民の受け入れや生活の支援」「生活インフラの復旧支援」に関する情報など、配信先カテゴリ(全159カテゴリ)は上限10カテゴリまで選択できる。例として、「環境・CSR・社会貢献活動」(757か所)、「海外展開・国際交流」(875か所)、「社会・時事」(852か所)、「駐日特派員(英文)」(283か所)を示す。問い合わせは共同通信PRワイヤー営業部(電話03-6252-6040)。

〈米麦日報2022年3月25日付〉