サトウ食品(佐藤元社長)は4月13日、都内で「サトウのごはん ボディメイクアンバサダー就任式」を開催した。「スーパー大麦ごはん」のパッケージリニューアルを記念したもの。

【関連記事】モスバーガー“筋肉が喜ぶ”たんぱく質21.9g「きんにくにくバーガー」発売、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が監修

「筋肉芸人」のなかやまきんに君と、パーソナルトレーナーの秋倉諒子さんが「サトウのごはん ボディメイクアンバサダー」に任命された。

「スーパー大麦ごはん」は、大麦「バーリーマックス」を使用したパックご飯だ。カロリーは一食(150g)で201kcal。食物繊維はレタス約2個分の5.0gで、一日に必要な食物繊維量の約4分の1を摂ることができる。「健康やボディメイクを意識する方にぴったりのご飯だ。厚釜で丁寧に炊き上げているので、おいしさにも自信がある」(担当者)。

サトウ食品は、健康系米飯市場が伸長するなか、特に需要が高まっているのが麦系ごはんだとして本品を開発。今回のパッケージリニューアルでは、食物繊維量が一目で分かるデザインに改良した。

就任式では、渡邊今日子取締役経営企画本部長がきんに君と秋倉さんを「サトウのごはん ボディメイクアンバサダー」に任命。トークセッションできんに君は「筋トレから色々なことを学んで今の自分がある。大切なことは、運動と食事の両方をしっかり行うことだ」と力説。秋倉さんは「ボディメイクをすると、心も体も鍛えられる」と語った。さらにきんに君は、秋倉さん発案の「スーパー大ムズトレーニング」に挑戦。「スーパー大麦ごはん」を重しにしたベルトを装着し、5回連続で懸垂を披露した。

「スーパー大麦ごはん」を試食した秋倉さんは「おいしいです。ぷちぷちした食感が良いですね」とコメント。きんに君は「香ばしく甘みがあって大好きな味。卵をかけて食べるのがおすすすめです」と語った。

〈米麦日報2022年4月14日付〉