日清食品(安藤徳隆社長)はJBA(日本バスケットボール協会)と「U18日清食品リーグ」を新設し、8~12月にかけて「U18日清食品トップリーグ」と「U18日清食品ブロックリーグ」を開催する。

【関連記事】日清食品HDがプロバスケ・八村塁選手とグローバルスポンサー契約、“過去最多”の報道陣が参集

正式名称は「U18日清食品リーグ バスケットボール競技大会2022」。主催はJBA、後援は安藤スポーツ・食文化振興財団。

リーグ戦形式を採用した。「試合に向けた質の高い準備が可能になり、U18世代のさらなる競技力向上につながる」(同社)。「U18日清食品トップリーグ」には2021年のインターハイやウインターカップ優勝校などの高校バスケットボール会の強豪チーム(男女各8チーム)が参加する日本一決定戦。「U18日清食品ブロックリーグ」は関東・東海・中国・四国ブロックで展開。男女各29チームが参加する。

「若いバスケットボール選手にとって、日本でスキルを向上させるための素晴らしい機会だと思う。このような場を提供し続けることで、バスケットボールが日本国内のあらゆるレベルや世代で普及し、最終的に大学やプロ、日本を代表する選手が生まれてくることになれば大変うれしい」(日清食品がグローバルスポンサーシップ契約を結ぶ八村塁選手)。
日清食品がグローバルスポンサーシップ契約を結ぶ八村塁選手

日清食品がグローバルスポンサーシップ契約を結ぶ八村塁選手

〈米麦日報2022年6月24日付〉