キユーピーは4月26日、家庭用・業務用マヨネーズなどの価格を約2~10%引き上げることを発表した。7月1日出荷分から改定する。

価格改定の主な要因は、マヨネーズの主原料、食用油の価格高騰によるもの。2020年後半から食用油の原料穀物の国際価格は、主産地の天候不順による減産の懸念、中国をはじめとした世界的な需要拡大を背景に、急激に上昇している。食用油価格においても高値で推移し、今後も上昇する見込みだ。物流費や労務費など諸経費の上昇も要因となっている。

〈関連記事〉製油・加工油脂メーカーが相次ぎ値上げ発表、大豆・菜種・パーム油の高騰が影響

マヨネーズの価格改定は、2013年7月以来8年ぶり。なお、マヨネーズやマヨネーズタイプ調味料の一部商品、ドレッシング各種商品は価格を据え置く。

家庭用の対象商品と参考小売価格の改定率は、マヨネーズで約2~10%、マヨネーズタイプ調味料で約2~4%。主な商品例として、「キユーピー マヨネーズ 450g」では、378円(税込、以下同)から402円に改定。「キユーピーハーフ 400g」では、370円から382円に改定。

業務用の対象商品と参考末端価格の改定率は、マヨネーズで約3~10%、マヨネーズタイプ調味料で約2~9%。

キユーピーは、「全社を挙げて合理化と経費節減を推進してきたが、企業努力だけでコスト上昇分を吸収することは極めて困難であり、安定した商品供給のためには、価格改定を実施せざるを得ないと判断した」としている。