赤城乳業と日本コカ・コーラは、盛夏に向け共同で、氷菓「ガリガリ君」と無糖強炭酸水「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を組み合わせて楽しむ提案を、コンビニやスーパー店頭で実施している。

提案テーマは「ザ・タンサン&ガリガリ君ソーダシャーベット」。ガリガリ君基幹フレーバーの「ソーダ」をグラスに入れ、棒を外してフォークでザックリとくずし、ザ・タンサンを注いで炭酸が抜けないようにそっと混ぜて完成させるもの。

数年前から、SNSなどを中心に、ガリガリ君と無糖炭酸水を組み合わせてシャーベットのように楽しむ手法がたびたび話題となっており、今回はメーカー側から“公式に”楽しみ方を発信、話題化していく。

7月2日からコンビニや食品スーパーの店頭POPやウェブサイト、SNSなどを通じ、この食べ合わせを提案しており、「日本の夏の新たな風物詩として定着させることを目指す」(両社)。

〈食品産業新聞 2018年7月12日付より〉