有楽製菓は6月21日、「ブラックサンデー」を発売する。内容量1本・標準21g、税込43円(参考小売価格)。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで販売する。

“黒い雷神”や“おいしさイナズマ級”のキャッチフレーズで知られるチョコバー「ブラックサンダー」のシリーズ新商品で、「ブラックサンダー」と“チョコレートサンデー”を掛け合わせた夏限定フレーバー。

サンデーならではの“ソフトクリーム”のなめらかな味わいと、ブラックサンダーの“ザクザク食感”にこだわったチョコバーだという。シリーズ史上で初めて、下部をチョコレートでコーティング。ソフトクリームの味を引き立てるとともに、カカオ感を増し、キレのあるほどよいチョコ感に仕上げているという。さらに、隠し味にコーンフレークを入れ、サンデーの味わいと食感を再現しているという。

パッケージには、商品名「ブラックサンデー」に添えて“バニ雷神”のフレーズと、「お気づきでしょうか、商品名の違いに・・・!!」の文言を記載。有楽製菓は「クスッと笑えてお客様に楽しんでいただける商品にしました」としている。
有楽製菓「ブラックサンダー」

有楽製菓「ブラックサンデー」

上=新商品「ブラックサンデー」、下=既存商品「ブラックサンダー」

 
なお、有楽製菓によると、今回の「ブラックサンデー」は、消費者のチョコレートへの関心が低下する夏場、SNS上に、ブラックサンダーとバニラアイスを組み合わせたオリジナルデザートを楽しむ様子が投稿されていたことなどを受け発売する運びとなったという。