チョコレートなどの製造販売を手掛けるロイズコンフェクト(北海道札幌市)は11月1日、ロイズ直営店と公式オンラインショップで、2021年「ロイズ アドベントカレンダー」を発売する。期間限定・数量限定販売。各種チョコレート菓子22種、合計42個入、税込2700円。

【関連記事】「2021松屋のクリスマスケーキ」予約開始、最高価格は2万7000円・千疋屋いちごのショートケーキ
2021年「ロイズ アドベントカレンダー」イメージ

2021年「ロイズ アドベントカレンダー」イメージ

 
“アドベントカレンダー”は、クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダー。日付ごとに設けられた“窓”の中にチョコレートなどのお菓子や贈り物などを詰めて、日ごとに開けて楽しめる作りになっている商品が広く展開されている。
 
「ロイズ アドベントカレンダー」は、12月1日から24日までの日付が書かれた窓の中に、人気のチョコレートやお菓子、可愛いオーナメントを詰めている。“ワクワク楽しい、贈り物としても毎年大人気のカレンダー”だという。専用手提げ袋に入れて届ける。

2021年「ロイズ アドベントカレンダー」専用手提げ袋

2021年「ロイズ アドベントカレンダー」専用手提げ袋

 
2021年のイラストテーマは「ロイズ遊園地クリスマス」。カラフルなイルミネーションで飾りつけされた遊園地の中で、北国の動物たちが観覧車やジェットコースター、メリーゴーランドで遊ぶ様子を描く。ロイズコンフェクトは、「次はどれに乗ろうかとワクワクする動物たち。その様子を見て羨ましくなったサンタさんもちょっぴり休憩して一緒に遊んでいます!」などとしている。
 
ロイズ直営店では11月1日から店頭販売を開始予定。各店、商品がなくなり次第、販売を終了する。購入数の上限は1人10個まで。
 
公式オンラインショップでの注文受付期間は11月1日午前10時頃から、12月23日まで。期間中でも商品がなくなり次第、販売終了。配達希望日は11月4日から12月26日までを指定できる。ロイズコンフェクトは「カウントダウンをお楽しみいただくため、お早めのご注文をおすすめします」としている。
 
なお、ロイズは1983年に札幌市東区で創業。1985年に第1号商品の板チョコレートを発売し、直営店1号店「東苗穂店」(札幌市東区)オープンは1992年。現在の看板商品となっている“生チョコレート”は、1995年に通年販売を開始している。直営店は全て北海道内。期間限定商品など多彩なラインナップをそろえ、一部店舗ではパンやソフトクリームなども販売する。チョコレートなどの商品が北海道みやげとして知られ、全国のファンに向けて通販を実施するとともに、全国各地の百貨店催事などへの期間限定出店を展開している。
 
◆ロイズ直営店
東苗穂店、札幌丸井今井店、札幌大丸店、福住店、厚別西店、あいの里公園店、屯田公園店、西宮の沢店、ふと美工場直売店、上江別店、新千歳空港店、ロイズ チョコレートワールド
 
◆ロイズ公式オンラインショップ