京都銘菓「おたべ」の製造販売元・美十は12月7日、直販サイト「おたべオンラインショップ」で、2022年福袋の予約販売を開始する。

【関連記事】トラヤあんスタンドの新春福袋2022、寅年トートバッグ・あんペースト・あんケーキ・ヨウカンアラカルト入り5400円、オンライン&店舗で予約販売/虎屋

「おたべ」はつぶあんを生八つ橋でくるんだ京菓子。小豆は北海道十勝産、米はコシヒカリ、水は日本名水百選のひとつ若狭瓜割(わかさうりわり、福井県若狭町)の水を使用するなどのこだわりを持って製造しているという。

「おたべオンラインショップ」の2022年福袋は、税込・送料込3456円。12月7日正午に100セット、同日19時に50セット限定で予約販売を開始する。正午からの受付分は12月30日着予定、19時からの受付分は12月31日着予定で配送する(ただし遠方などは着日の異なる場合がある)。

セット内容は「迎春おたべ」(個包装10個)、「こたべ迎春」(5個入り)、「おたべあん」(300g)、「京都フィナンシェ」(5種5個入り)、「大阪さくさくワッフル ダブルチョコ」(8枚入り)と、“福袋のお楽しみ”。

「迎春おたべ」は、豆の風味豊かな黒豆あんと、つぶつぶ栗入り栗きんとんあんを、紅白の生八つ橋で包み込んだ、お正月限定のおたべ。
「迎春おたべ」(美十2022年福袋セット内容)

「迎春おたべ」(美十2022年福袋セット内容)

 
【関連記事】鎌倉紅谷「新春福袋」2022、“とらリスくん”のバッグやポーチ、豆皿・マグカップや「クルミッ子」などのお菓子をセットに
 
「こたべ迎春」は、ひとくちサイズの栗きんとんあんの生八つ橋を、お正月にぴったりのこたべに仕上げもの。2022年の干支「寅」(とら)をあしらった迎春パッケージ。

「こたべ迎春」(美十2022年福袋セット内容)

「こたべ迎春」(美十2022年福袋セット内容)

 
「おたべあん」は、おたべのつぶあんと同じ原料である、北海道十勝の契約農家が栽培した小豆を100%使用。おたべと同じ製法で炊きあげた、あっさりとしたつぶあん。

「おたべあん」(美十2022年福袋セット内容)

「おたべあん」(美十2022年福袋セット内容)

 
【関連記事】「リンツのおせち」再登場、“リンドール”ぎっしり3段重にかわいい風呂敷、2022年正月はチョコレート尽くしのスイーツおせちで
 
焼き菓子「京都フィナンシェ」は、プレーン、抹茶、ヘーゼルナッツ、カシス・グロゼイユ、オレンジの5種類詰め合わせ。生地の主役となる粉は、小麦粉に頼ることなくアーモンドの粉末のみを使い、焦がしバターと卵白のシンプルな素材で焼き上げているという。

「京都フィナンシェ」(美十2022年福袋セット内容)

「京都フィナンシェ」(美十2022年福袋セット内容)

 
「大阪さくさくワッフル ダブルチョコ」は、ほろにがチョコレート味のさくさくワッフルに、チョコをたっぷりかけて、ダブルチョコに仕上げている。

「大阪さくさくワッフル ダブルチョコ」(美十2022年福袋セット内容)

「大阪さくさくワッフル ダブルチョコ」(美十2022年福袋セット内容)

 
【関連記事】ゴディバの年末福袋2021「イヤーエンドハッピーバッグ」内容公開、チョコレートやアイスチケットなど、2022年福袋と別途展開
 
“福袋のおたのしみ”では、「オリジナルカレンダー」と、“おたべの素”である「今秋収穫のコシヒカリ」1kgを封入する。オリジナルカレンダーはシンプル月曜日はじまりの使いやすいカレンダー。通信販売限定のA3サイズ(A4二つ折り)を用意している。

2022年“福袋のお楽しみ”のカレンダーとコシヒカリ/美十

2022年“福袋のお楽しみ”のカレンダーとコシヒカリ/美十

 
なお、美十では「おたべ」ブランドで人気アニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」とのコラボを展開しており、「おたべオンラインショップ」では、「『鬼滅の刃』こたべ ショコラ」などの商品も販売している。
 
【関連記事】「鬼滅の刃こたべ」発売、生八つ橋“おたべ”の一口サイズ、小物入れに使える容器6種類/美十

美十「『鬼滅の刃』こたべ ショコラ」(“柱”9種のパッケージデザイン)

美十「『鬼滅の刃』こたべ ショコラ」(“柱”9種のパッケージデザイン)

 
◆「おたべオンラインショップ」2022年福袋情報