「ビアードパパ」は5月1日、全国の店舗で白いシュークリーム「SHIRO」を発売する。「抹茶シュー」も同時発売。

【関連記事】ミスド×祇園辻利2022第2弾「ポン・デ・宇治抹茶わらびもち」「オールドファッション宇治ほうじ茶 ホイップ」など発売、5種類食べ比べセットも/ミスタードーナツ

「ビアードパパ」の白いシュークリーム“SHIRO”は、もちもち食感の生地に、あっさりとした口どけ爽やかなフロマージュクリームを合わせた夏季限定のシュークリーム。販売期間は8月31日まで。テイクアウト税込210円。
ビアードパパ「SHIRO」

ビアードパパ「SHIRO」

 
新緑の季節に似合う「抹茶シュー」は、宇治抹茶の深みと渋みを活かした本格的な味わいのフレーバー。販売期間は5月31日まで。テイクアウト税込240円。

ビアードパパ「抹茶シュー」

ビアードパパ「抹茶シュー」

 
【関連記事】“マックでちょい旅”マックシェイク辻利抹茶ラテ・桔梗信玄餅パイ・ワッフルコーン東京ばな奈、マクドナルド史上初、ご当地コラボメニュー3種類を同時発売
 
両商品ともに、店舗により取り扱いのない場合や、売り切れとなる場合がある。また、一部店舗でのイートイン利用は税率10%となり、税込価格が異なる。
 
なお、「ビアードパパ」はお店で手作りするシュークリームの専門店。運営は永谷園グループの株式会社麦の穂。シュー生地は常にオーブンで焼き上げ、クリームは新鮮な状態を保つため、毎日、店舗で手作りしている。クリームの中に入っている“黒いつぶつぶ”はバニラビーンズで、“黒いダイヤ”とも称されるマダガスカル産最高級天然ものを使用。サヤからビーンズだけをきれいに取り出し、クリームの中にふんだんに加えている。ビアードパパ独特の“甘~い香り”を醸し出すのは、このバニラビーンズのおかげだという。

シュークリームの中の“黒いつぶつぶ”の正体、バニラビーンズ(ビアードパパ)

シュークリームの中の“黒いつぶつぶ”の正体、バニラビーンズ(ビアードパパ)