三井食品は22~23日、秋冬シーズンに向けた総合展示会「フードショー2015」を、東京ビッグサイトで開催した。メインテーマに「明るい未来のために for healthy life」を掲げ、各メーカーの秋冬新商品から、地方の特産品や輸入食材、酒類、ペットフード、各種サービスに至るまで、あらゆるニーズに応える形を提案した。

加工食品メーカーのブースでは、J-オイルミルズは、n-3系脂肪酸に着目した新製品「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油ライトプラス」「同 Eurolive(ユーロリーブ)」をメインに展示した。いずれもパッケージには15年4月から施行された食品表示法にならい、「n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です」と記載し、機能性をアピールしている。

家庭用マーガリンでは新商品「ラーマ バター好きのためのマーガリン」をトーストに塗って試食を展開し、北海道産バターミルクパウダー(クリームからバターを作る工程で得られる乳成分)を加えることで、バターのようなコクとおいしさが得られることなどを紹介した。(詳細は本紙にて)