食用油業界にとって今年度上期は、良くも悪くも話題の多い半年だったと言えよう。

一つはココナッツ油やアマニ油・エゴマ油などオメガ3・ヘルシー系油のブームだ。年明けから程なく、テレビの健康番組で複数回取り上げられたことで火が着き、5月辺りまで入手しづらい状況が続いたが、製油メーカーの調べでは上期のオメガ3・ヘルシー系油の市場規模は150億円に迫る勢いにあり、通年で200億円を超えることはほぼ確実な情勢だ。一昨年度までは市場というレベルにはなく、これだけ急激に拡大した市場は、過去10年を見渡しても、おそらく食品産業界に存在しない。(詳細は本紙にて)